朝8時までのご注文で当日発送(元日除く)/ 3,980円以上ご購入で送料無料

SALE

LINE

ロスアパ再入荷

BLOG

  • 本物のワークシャツ

     

    4月なのに25℃越え‼︎夏日ですよ(汗)
    でもまた気温が下がる(平年並に戻る?)みたいですね
    でも、もう春だしアウターはちょっと、、、。と言う方に今回はオススメのアイテムをご紹介します。

     

    【FILSON CHAMBRAY CPO SHIRT】

     

     

    1897年、ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者向けたウエアを生産する為に設立された「フィルソン」。

    アメカジ好き然らずとも、名前は知っている方も多いんじゃないでしょうか?

    ブランドコンセプトがまたカッコ良くて、
    「MIGHT AS WELL HAVE THE BEST」
    (どうせ持つなら最高の物を)。
    これだけでもなんかグッと来ません??

     

    そんなフィルソンのシャンブレーシャツは

     

     

    178cm/73kg
    Shirts:【FILSON SHAMBRAY CPO SHIRT SIZE:M】
    Pants:【ROTHCO TWIL BDU PANT SIZE:M】

     

    名前にあるように、CPOシャツがデザインのベースになっています。ちなみにCPOとは「Chief Petty Officer」アメリカ海軍下士官の略称で、彼らに支給されていた甲板作業時に着るユニホームがルーツだそうです。

     

    シルエットは身幅や袖幅はゆったり目で、着丈はそれほど長く無いのでどんなパンツにも、もちろんショーツにも合わせ易いですよ。

    5オンスの100%コットシャンブレー生地を使用し、三本針ステッチ等ワークシャツだけに激しい動きにも耐える丈夫な作りは流石フィルソンって感じですね。

     

     

    季節問わず通年使えるので、とても貴重なアイテムです。
    それなりにお値段はしますが、どうせ持つなら最高の物を。ではまた~

     

    FILSONシャンブレーFILSON 商品ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店店長
    福田 賢司
    @kenzzzis_laboratory
    キャンプ、登山、クライミング、マウンテンバイクといったアクティブなものから料理、パン屋巡りと女子力高めなものまで、さらに最近はアクアリウムに手を出し始めた40代多趣味系中年オヤジ。

     

     

  • ブランドのタグ/フラッシャーあれこれ

     

    全国900万人のファッションフリークの皆さまこんにちは。

    アメ横通り店副店長の熊沢です。

     

    もう年末か、、
    早すぎ!皆さん今年の洋服買い納めは済みましたか?
    ってそんなすぐに買い納めできないですよね?😅
    だって僕もまだですもん(笑)
    たくさん買いたいのありすぎで!

     

    あと何と何買おうかまだ考えているくらいですからね。
    だって仕事中も…、おっとそれはちがう(あぶない)

     

    ああいうの買いたいな、これ気になるなとかあればジャラーナは休みなしでオープンしておりますので、お気軽にふらっと探しに来てください!

    さてそんな今回はなかなか触れる機会のないことで書かせていただこうかなと思いまして、前回一度書かせていただいたんですが、商品に付属する看板的存在のフラッシャーにフォーカスした記事が一部のスタッフand常連様から好反応をいただきまして(恐縮〜orz)、また書いてよと言われましたので調子に乗って(いやいやまた読んでいただきたいなと思って)書こうかなと!

     

    というわけで第2弾!
    「熊沢のちょっとこれ見てみてよ-フラッシャー/タグ編-(シリーズ化するかも)」
    と題してお送りしようと思います!

    じゃ!さっそく一つ目!

     

     

    はいどーん。
    みんな大好きFILSON/フィルソンのマッキーノクルーザー。
    (ちゃんと土屋さんの前記事からリンクするという粋)

    これだけ見たらマッキーノクルーザーは24ozウール、4つポケ等見るべき箇所はいくつもありますが、今回はココ!

     

     

    チラッと覗くタグ

    フィルソンの商品に付属されているタグは裏には商品名/カラー/サイズ等必要事項が記載されているんですが、表はドーンとブランドの意向/雰囲気をガッツリ伝える仕様になっています。

     

    先ほどのマッキーノクルーザーにはプロペラ機の写真が刷り込まれていまして、タグがまるで写真を収める額縁のようなデザインになっていて、それがまた雰囲気をより一層引き立てています。
    そして下部には「FILSON」とだけ。

     

    ブランドの雰囲気を伝えるのなら他の文言はいらない。そんな言葉が聞こえてきそうな気がします。
    「FILSON」のフォントも個人的にかなり好き。重厚感がありますね。

    フィルソンのタグは何種類かありまして、
    あるバッグ達には

     

     

     

    犬(笑 ごめんなさい種類が分からないので抽象的に)と針葉樹林。

    やはりフィルソンも適当にこのデザインを選んでいるわけではなく、どちらもアウトドアというフィールドに関係する、それを想起させる記号のようなものとして表現しているのかなと思います。

     

    どれに対しても言えることは、とにかく雰囲気がいい!これに尽きます。

    この2つのタグの上部にはさらっと”UNFAILING GOODS/失敗しないグッズ”て書いてあるんですよ。
    自信がすごい(笑)

    こういうタグだけかなと思ったら実は別のタグが付いていてそこにブランドの誇りを示す英文が記載されていました。

     

     

    ざっと訳しますと、
    「100年以上もの間、本気のアウトドアマン達は質と頑丈さを兼ね備えたフィルソン製品を頼りにしてきました。あなたがフィルソン製品を購入する時、それは長く使用できることを保証します」
    まさにブランドの意志と自信がひしひしと伝わってきますね。
    こういうスタイル好きです。
    もうとにかくこのガチ姿勢、見習わないといけないな💦

    さてでは二つ目にいってみましょう。

     

     

    Bills Khakis/ビルズカーキのチノパン。
    これもまたデザインそそられるのでピックしました。
    アップで見てみましょう。

     

     

    一つはもう一目でアメリカ物とわかる波打ったアメリカ国旗タグともう一つは店の看板のようなデザインのタグ。

     

    僕が真っ先に目を引いたのはやっぱりこの波打ち国旗のタグですね。
    波打っちゃってますし、平たくてもいいのにそこに動きを持ってきているのが凝ってる!さらに麻ひもだし。
    とことん雰囲気良し。

     

     

    その国旗の裏には英文で、
    「アメリカで誇らしげに(自信を持ってということでしょう)縫製しました」と
    うーんフィルソンといい自信満々(笑)
    でもアメリカのこういうとこ好き。

     

    その英文の下にはなんならチェックしてみてくれと言わんばかりにURLが。。
    なんならチェックしましょう(笑)
    第二次大戦時の生地を再現した8.5oz綿100%チノクロス、両玉縁ポケット等見所ありの一本です。

     

    もうひとつのタグ裏には商品説明が記載されていました。

    そろそろ文章長くなるかな大丈夫かな。。
    気にせず三つ目行きましょう!

     

     

    これだけ見てどこのかわかったらあーもう通ですね。
    そうみんな大好きLos Angeles Apparel/ロサンゼルスアパレル、略してロスアパです!

     

    14ozの極厚スウェットよろしく、着心地ガシッとしてるけど硬すぎないいいバランスが取れています。

    こちらで見ていただきたいのが首タグなんです。

     

     

    14ozを強調するデザイン、USA COTTON、HEAVY FLEECE、アメリカ製、そそる文言が記載されていますよ。

    1番見ていただきたいのがこちら2枚目。

     

     

    だ、誰この人?

    いきなり知らない人が出てきました?
    ロスアパの創業者?そう、思いますよね?

    実はロスアパは製品一点毎に1人が担当するみたいで、このスウェットはこのディエゴさんて人が作ったんです。

    もうひとつのスウェットは

     

     

    ヴィセント(ヴィサント)さんが作っています。
    MEET VICENTE – ヴィセントに会ってよ -てなんかかわいいです。

    顔写真の下にちょっとしたプロフィールも載っていて、

    「彼は32年の経験を持つ熟練縫製職人です。従業員と未来の株主を探しています」

    技術を引き継ぐ後継を探しているんですね。
    それか独立する気か。

    将来縫製に携わりたい方は彼にコンタクトしてみるのもアリだと思います。

     

    先ほどのディエゴさんは、
    「彼は10年の経験を持つ熟練縫製職人で、オーバーロック縫いを専門としています。エンチラーダとドジャースを愛しています」

    エンチラーダは具材をトウモロコシのトルティーヤで巻いて唐辛子ソースをかけたメキシコ料理だそうです。

     

    別になくても支障はないけど、ちょっとしたことでもプロフィールがあるとこういう人が働いているんだって少し職場の雰囲気が見えてきますし、携わっている人の顔が見えるとブランドに奥行きが生まれて個人的には少し安心感が生まれます。あと愛着も。

    そういう空気感を醸し出すブランドの姿勢が好きです。

    商品自体もそうですが、こういった所にも見どころがあるブランドは面白いの一言に尽きますね。

    さらに興味が湧き、記憶に残る。確実に。

     

    自分は買った商品に付いているタグは取っておく方なんですが、生憎実家に置きっぱなのでまた機会がある時にお見せしますね。

    みなさんもぜひ商品を手に取った際にはタグもご覧になってください。楽しいですよ。

    あと余談ですが今回ご紹介した3点、何か気付きましたか?

    そう全部アメリカ製なんです!
    お後がよろしいようで。
    ではまた!

     

     

    FILSON 商品一覧ページへ

     

    BILLS KHAKIS 商品一覧ページへ

     

    LOSANGELS APPAREL 商品一覧ページへ

     

     

    アメ横通り店副店長
    熊沢 弘憲
    @_kumaheaded
    湘南生まれ湘南育ち。波には乗らず海外ドラマとヒップホップを掘る大甘党。酒よりチョコ菓子が好き。

     

     

  • フィルソン

     

    【秋から冬へ…】
    秋も終わりに近づき、冬になりつつある今日この頃…
    皆様、冬に向けての身支度は整いましたか?
    気を抜いているとあっという間に真冬。
    アウターの季節になってしまいますよー!

     

    …って事で今回はそんな真冬に向けてのアウターをご紹介したいと思います。

     

    【FILSON MACKINAW CRUISER】

     

     

    フィルソンと言えばバッグ類等に使用している22ozのヘビーオンスキャンバスを使用したバッグ類が有名ですが、100%バージンウールの24ozマッキーノウールを使用したジャケット類も有名です。

     

    なかでも昔から高い人気を誇るのが、ブランドの代名詞ともいえる『マッキーノクルーザー』。
    昨今ではアウトドアブームとも相まってさらに人気が高まっています。
    これからの季節はキャンプ等にも大活躍してくれるアウターです。
    元々は森林作業員用のウールジャケットとして作られている為、保温性、耐久性、耐風性、撥水性と大変優れており、フロントには4つのフラップポケットとハンドウォーマーポケット、左胸のフラップポケットを開くとペンや小型のマグライト等を挿せるペンポケット、そして内側には内ポケット、さらに背中には左右から開閉出来る大容量のゲームポケット(元々は地図等を収納する為のポケット)も配備されており、収納性についても大変優れています。
    これだけ収納性が高いとバッグいらずですね!

     

     

    そんな『マッキーノクルーザー』ですが、偶にお客様からお手入れはどうするの?
    洗えないの?
    洗ったらどうなるの?
    など、ご質問を頂く事があります。

     

    一応、公式では”DRY CLEAN ONLY”と表記されていますので、水洗いによる洗濯は推奨しない事となっております。
    基本的なお手入れは、日頃からウールケアブラシやカシミヤ用ブラシ等で全体的にブラッシングをして頂き、ハンガーに掛けて風通しの良い場所で陰干しをしておくのが良いと思います。
    バージンウールは脱脂されていないウールの為、肌触りが良く撥水性と保温性が高いのが最大の特徴です。
    水洗いをしてしまうと、その脂が抜けてしまい風合いが変わってしまうという事で”DRY CLEAN ONLY”を推奨していると思われます。

     

    …ですが

     

    やっぱり洗いたくなっちゃいますよねー
    キャンプやらアウトドアやらでも使用するので臭いや汚れも気になるし…
    毎回クリーニングに出すのも大変だし…

     

    …って事で今回は私物を使って洗ってみました!
    というよりも自分は毎回洗濯機で洗っちゃってるんですけどね!
    なので、これを機会に洗ったらどうなるかをビフォーアフターしたいと思います!

     

    まずは普段はどういう風に洗濯しているのかですが。
    軽く二つ折りに畳み洗濯ネットに入れて、洗剤や柔軟剤は入れず(色落ちする可能性があるので)普通に洗濯機に入れて回しています。
    洗濯機に入れる際は他の衣服に色移りする場合もあるので単品で洗います。
    普通に洗濯、脱水をしてからハンガーに掛け、風通しの良い場所で陰干しをしています。
    ちなみに過去に3回程、家庭用乾燥機に入れて乾かしました。
    乾かした後は皺が多く見られるので、スチームアイロンでバンダナ等で当て布をしてから皺伸ばしをしています。

     

    そして出来上がりがコチラです!

    気になる縮み具合はというと。

     

     

     

    参考サイズ (size.L)
    画像は未洗いの商品に重ねています。
    袖 67cm → 64cm
    着丈 76cm → 73cm
    身幅 60cm → 60cm

     

    という具合です。
    着丈、袖丈が3cm縮み、身幅は変わらず。
    基本的に縦縮みという結果でした。
    風合いは、縮みが出た事で身が締まり、少し肉厚になった感じがあります。
    表面はスチームアイロンを掛ける前はゴワつきがありましたが、掛けた後はゴワつきも落ち着き、あまり変わらない印象です。
    洗濯前と比べて、少し柔らかくなった感じもします。
    結果、個人的には最高の着心地です♪
    機会があれば皆さんも試してみて下さい!

     

     

     

    但し、公式ではございませんのでお気を付け下さい。
    公式では”DRY CLEAN ONLY”です。
    あくまでもコチラは参考になります。
    洗い方の個人差、個体差、環境の違いで必ずしも同じ仕上がりになるとは限りませんので自己責任でお願い致します。
    それとコインランドリーの乾燥機と家庭用乾燥機だと出力などの違いで大きく変わると思われますのでそちらもお気を付け下さい。

     

     

    FILSON ウールコートマッキーノクルーザー 商品ページへ

     

    実店舗総店長
    土屋大樹
    @outside_rumblefish
    幼い頃からパンクカルチャーに憧れ、D.I.Y精神をモットーに日々洋服のリペアやリメイクを繰り返し続ける老け顔40代男。

     

  • ライアン・ゴズリング

     

    こんにちは!ジャラーナスタッフ相野です。

    暑さも和らぎ過ごしやすい日が増え秋の気配を感じる今日この頃ですが、芸術の秋という事で今回も映画ネタで失礼します…

     

    今回ご紹介するのは公開当時、過激な内容もさる事ながらライアン・ゴズリングが着用している衣装や小物にも注目が集まったこちらの映画…

     

    MOVIEZINE より引用

    「Drive」(’11)
     

    監督: ニコラス・ウィンディング・レフン

     

    IMDb より引用

     

    主演: ライアン・ゴズリング

    突発的で凄惨な暴力描写、タイトなカーチェイスシーンなど

    極限に無駄を削ぎ落とされたクールなバイオレンス映画です。

     

    監督のニコラス・ウィンディング・レフンはこの映画でカンヌ国際映画祭、監督賞を受賞しています。

    公開から10年経ちますが既に映画ファンの間ではカルト化されつつあるバイオレンス映画の傑作です。

    僕はこの映画を見る度にアドレナリンが出て眠れなくなります。

    今をときめくライアン・ゴズリングですが、この映画で演技派俳優として確固たる地位を確立しましたね。(当時からスターでしたが)

     

    Submitted For Your Perusal より引用

     

    まず映画の冒頭に登場するのはFilson Midium Duffle Bag(暗いし遠いし、よく見えなくてすみません)本編ではしっかり映ってます。

    公開当時やたらFilsonのバッグが流行ってましたが、個人的にはこの映画の影響だと睨んでいます。

     

    SCREEN RANT より引用

     

    Levi’sのデニムセットアップ

    血みどろなのはさて置き野暮ったくなりがちなデニムセットアップもスマートでカッコいいです。

     

    https://craigadamadgie.wordpress.com/ より引用

     

    amazon.de より引用

     

    ワークパンツにヘンリーネックT、アメカジのお手本ですね。

    シンプルですが様になってます、というかホント絵になりますね。

     

    ZENA より引用

     

    StyleBistro より引用

     

    プライベートでもザ・アメカジなライアン・ゴズリング

     

    これを見て、またセッターを履きたくなりました、

    Filsonのバッグはプライベートでも愛用してるようです。

     

    着崩しがちなワークウェアも着こなし次第でスマートな印象になるというのはとても勉強になります。

    これからの時期、より洋服を楽しめる季節になりますので、また色々な作品を見て参考にしていきたいです。

     

    StyleBistro より引用

     

    当店の常連様が約2年使用したFilson Medium Duffle Bag

     

     

    FILSON バッグ 商品一覧ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。