朝8時までのご注文で当日発送(元日除く)/ 3,980円以上ご購入で送料無料

SALE

LINE

ロスアパ再入荷

BLOG

  • ブラックジーンズの退色

     

    こんにちはジャラーナスタッフ相野です!
    今年の冬は長くて本当に寒かったですが、やっと春の気配を感じるような気候になりましたね。
    春が近づいてくると気分も新たにまっさらなジーンズを新調する方も増えてくる印象です。

     

    ジーンズといえばインディゴデニム、履き込まれたブルージーンズはアメカジファッションのみならずどんなスタイルにも合わせられるカジュアルの大定番です。

     

    そして、個人的にはインディゴに次ぐジーンズの定番カラーはブラックだと思っています。
    近年では90年代ファッションのリバイバルや古着ブームも重なり、当時流行したチャコールグレーに退色した古着のブラックジーンズが人気を集め、また国内外様々なブランドから色落ち加工されたブラックジーンズがリリースされています。

     

    その90年代に流行したLevi’s 550、US現行Levi’sジーンズの中では569に次いで2番目に太いモデルとなります、
    ゆったりとしたワタリと裾にかけてのテーパードシルエット、近年のオーバーサイズ流行の中で再び注目されています。

     

    Levi’s 550 Relax Fit Jeans

     

     

     

     

    そんな550 Black、自分も約半年ほど愛用しております。

     

     

     

     

     

    177cm62kg W34L30着用

     

    履き始めは真っ黒だったデニム地は全体的に色落ちしチャコールグレーに変化しています。

     

    着用する度、洗濯もしているのでヒゲやハチノスはほぼ出ていませんが裾周りのパッカリングが良い雰囲気です。
    まだまだこれからですが、リアルなアメリカ古着に近い雰囲気で個人的に好きな色落ちです。

     

    古着や手軽な加工物も魅力的ですが、個人的には自分で履き込み洗い込んで退色させたジーンズにより愛着を感じます。

    履き始めは濃いブラックを楽しみつつ、履き込んで変化していく過程を楽しみながら末長く愛用して頂きたいです。

     

     

     

    LEVI’S 550 BLACK 商品ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。

     

     

  • 冬のワークウェア

     

    こんにちは!ジャラーナスタッフ相野です。近頃一段と寒さが厳しくなってきましたね、店頭では毎日ヘビーなアウターが旅立っていきます。

    自分も保温性が高いヘビーアウターが欲しくて、色々悩みましたが気負わず着れてガンガン洗えるワークウェアが性に合っているので最近はこちらのアウターを着込んでいます。

     

    Carhartt C003 Duck Traditional Coat

     

     

    古くから愛されるカーハートの定番ダックトラディショナルコート。
    ヘビーなダック地にパンパンに中綿が詰まったキルティングライナー、フロントジップにはフラップ、袖口にはリブが付いているので防風性が高く、カーハートのダックアウターの中では最も保温性の高いモデルになります。

     

    耐久性の高いダック地にトリプルステッチ、手荒く扱っても壊れる気配を感じません。カーハートお馴染みのコーデュロイが当てられた襟周り、肌触りが良くなる上、擦れなどの生地の劣化も防ぎます。

     

     

     

     

     

     

    グローブを付けたまま手を入れられるように設計された大きめのハンドウォームポケット、胸元にポケットが二つ、内ポケットも二つ付いています。機動性を向上させる背面のアクションプリーツ等、過酷な環境で働くワーカーの為、これでもかと機能性を追求したカーハートのこだわりを感じる一着です。

     

    しかし…手に取って頂けると分かるのですが初めはダンボールのように生地が硬く、ヘビーなキルティングライナーも相まってかなりゴツい印象。肩の形が出っ張ってしまい、ぶっきらぼうなシルエットになってしまうので「これは本当に馴染むのか…」という不安な声をよく耳にします。

     

    新品未使用

     

     

    私物、4回着用4回洗濯

     

     

    こちら購入して10日程度になりますが、出っ張っていた肩も落ちつき、全体的に生地が下にストンと落ちてきているのが分かります。

     

     

    同じ幅のハンガーに掛けて比べてみると角が取れ肩に丸みが出てきていますね。(手前、私物。奥、新品。)
    今ではかなり体が動かしやすくなり着用によるストレスは殆ど感じません。

     

     

    (左、私物。奥、新品。)

     

    色合いもワントーン明るくなっています、退色していくダック地の風合いもカーハートの大きな魅力の一つです。街中でクタクタに着込まれたカーハートのジャケットを見かけるとつい目で追ってしまいます。

     

    年代性別問わず愛されるカーハートのダックジャケット。
    時間をかけて味わいのあるジャケットに育てて、おじさんになっても着続けていたいです。

     

     

    Carhartt C003 商品ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。

     

     

  • ECWCS LVL.3

     

     

    こんにちは!ジャラーナスタッフ相野です。
    すっかり秋が深まり洋服選びが楽しい季節になりました。
    秋冬物にはウールやレザー、ダウンなど魅力的な素材のアウターに溢れていますね。
    しかし歳を重ねるにつれ、より軽くてイージーケアな素材の洋服に目移りするようになりました。
    その代表格がフリースで、軽くて暖かく速乾性があり着用していてとても快適です。
    また冬場でも毎日洗濯機を回す自分にはすぐ乾くというのはとてもありがたいポイントです。

     

    ジャラーナにも様々なフリースの取扱いがございますが、特に自分がオススメしているのがRothco ECWCS Level 3 Fleeceです。

     

    ECWCSとは
    Extended Cold Weather Clothing System 略で
    アメリカ軍が80年代後半に極寒冷気候向けに開発した現代ミリタリーを代表するレイヤリングシステムです。

     

    昨今のミリタリーブームを牽引するLevel 7
    その中間着の一つとして着用するのがLevel 3の役割です。
    今回ご紹介するのはアメリカを代表するミリタリーブランドであるRothcoが民生品として復刻したLevel3フリースになります。

     

    軍放出品ではアメリカ最高峰の品質を誇るポーラテック社のフリースを使用していますが、こちらで使用しているのはオリジナルのポーラフリースになります。
    ですが、暖かさや機能面でほぼ遜色ないというのが個人的な感想です。

     

     

    機能性を追求した無駄のないデザイン

     

     

    肩や肘周りの摩擦が掛かりやすい部分にはナイロンの当て地がされ耐久性もバッチリ、胸部分に付いたマジックテープは元来自身の所属部隊のパッチを貼るための物です、そんなミリタリーウェアならではのギミックも服好きの男心をくすぐってきますね。

     

     

     

    カラー3色展開

     

     

    左から街中でもよく見かけるFoliage Green
    Level 3 Fleeceと言えばこちらのカラーをイメージされる方が多いのでは。

    おそらく放出品ではほぼ出回っていないBlack
    ダントツで使い勝手が良いカラーです。

    たまに古着では見かけますがデッドストックでは壊滅状態のCoyote Brown、とても渋い色味です。

    日本の冬なら単体でも十分な保温性があり、寒さが厳しくなったらジャケットやシェルのインナーとしても着回しのきく、最高にコスパがよいアイテムです。

    Level3に限った話ではありませんが、実物のデッドストックや状態の良いユーズドは価格高騰し、気軽に手を出しづらくなってきてしまいましたね。

     

    落とし所と言っては語弊がありますが、ロープライス、ハイクオリティで定評のあるRothcoの製品で気負うことなくミリタリーアイテムの魅力を堪能して頂きたいです。

     

     

    175cm65kg Black L着用

     

     

    Rothco ECWCS Level 3 Fleece 商品ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。

     

     

  • ライアン・ゴズリング

     

    こんにちは!ジャラーナスタッフ相野です。

    暑さも和らぎ過ごしやすい日が増え秋の気配を感じる今日この頃ですが、芸術の秋という事で今回も映画ネタで失礼します…

     

    今回ご紹介するのは公開当時、過激な内容もさる事ながらライアン・ゴズリングが着用している衣装や小物にも注目が集まったこちらの映画…

     

    MOVIEZINE より引用

    「Drive」(’11)
     

    監督: ニコラス・ウィンディング・レフン

     

    IMDb より引用

     

    主演: ライアン・ゴズリング

    突発的で凄惨な暴力描写、タイトなカーチェイスシーンなど

    極限に無駄を削ぎ落とされたクールなバイオレンス映画です。

     

    監督のニコラス・ウィンディング・レフンはこの映画でカンヌ国際映画祭、監督賞を受賞しています。

    公開から10年経ちますが既に映画ファンの間ではカルト化されつつあるバイオレンス映画の傑作です。

    僕はこの映画を見る度にアドレナリンが出て眠れなくなります。

    今をときめくライアン・ゴズリングですが、この映画で演技派俳優として確固たる地位を確立しましたね。(当時からスターでしたが)

     

    Submitted For Your Perusal より引用

     

    まず映画の冒頭に登場するのはFilson Midium Duffle Bag(暗いし遠いし、よく見えなくてすみません)本編ではしっかり映ってます。

    公開当時やたらFilsonのバッグが流行ってましたが、個人的にはこの映画の影響だと睨んでいます。

     

    SCREEN RANT より引用

     

    Levi’sのデニムセットアップ

    血みどろなのはさて置き野暮ったくなりがちなデニムセットアップもスマートでカッコいいです。

     

    https://craigadamadgie.wordpress.com/ より引用

     

    amazon.de より引用

     

    ワークパンツにヘンリーネックT、アメカジのお手本ですね。

    シンプルですが様になってます、というかホント絵になりますね。

     

    ZENA より引用

     

    StyleBistro より引用

     

    プライベートでもザ・アメカジなライアン・ゴズリング

     

    これを見て、またセッターを履きたくなりました、

    Filsonのバッグはプライベートでも愛用してるようです。

     

    着崩しがちなワークウェアも着こなし次第でスマートな印象になるというのはとても勉強になります。

    これからの時期、より洋服を楽しめる季節になりますので、また色々な作品を見て参考にしていきたいです。

     

    StyleBistro より引用

     

    当店の常連様が約2年使用したFilson Medium Duffle Bag

     

     

    FILSON バッグ 商品一覧ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。

     

     

  • 映画と服  

     

    はじめまして!

    ジャラーナスタッフ相野と申します。

    スタッフブログには初登場となります。

    しかも人生初ブログ、震えています…

     

    しかし、大好きなアメリカンインポートウェアについて話したい事は沢山ございます!

    どうか温かい目でご覧いただけると幸いです!

     

    自分はよく映画を観ます、しかし職業病なのか、どうしても登場人物の着用する洋服に目がいってしまいます。

    特にアメリカ映画はアメカジの宝庫なのでワクワクすると同時にとても参考になります。

     

    当店取扱い商品のRed Kap PT50がこちらの映画に登場していたのでご紹介します。

     

    VIDEO DETECTIVE より引用

    SMOKE(‘95)
     

     

     

    IMDb より引用

     

     

     

    ニューヨーク、ブルックリンでタバコ屋を営むこの映画の主人公、オギー(ハーヴェイ・カイテル、写真中央)。

    オギーのタバコ屋で店番をしている、ジミー(ジャレッド・ハリス、写真右)

    彼が履いているのがPT50です。

     

    VIDEO DETECTIVE より引用
     

     

     

    分かりづらいですが、PT50です。

    もっとハッキリ写っているシーンもありましたが、画像を見つけられませんでした…

     

    ロゴは赤帽タグと呼ばれる映画の公開時90年代中頃に使用されていたものでした。

    現在に至るまでロゴは何度か変更され生産地も変更されましたが、仕様はほぼ変わっていません。

     

    映画の内容に触れると長くなるので割愛させて頂きます。(良い映画ですよ)

     

    Red Kap PT50 Jean Cut Work Pants

     

     

    Jean Cutの名の通り、この品番を象徴するのがジーンズライクなヒップポケット。

     

     

    ワークパンツとしては、ありそうで意外と無いデザインですね、フロントのL字ポケットなど一見してPT50と分かる唯一無二のルックス。

    フラッシャーなどは付いておらず、タグも簡素。まさにワークブランドといった味気なさ、この辺もリアルでアメリカンインポート好きの琴線に触れてきます。

     

    Vansなどのローテクスニーカーとの相性はもちろん、ワークブーツを履きやすいよう裾に向かって若干フレアする作りになっており、スタプレ517やラングラーのランチャーなどに似た雰囲気で、マーチンの3ホールや今流行りのクラークスのワラビーなどにスッキリ合わせてもカッコ良いんじゃないでしょうか。

     

     

    太過ぎず細過ぎず様々なトップス、シューズに合わせやすい万能パンツです。

     

     

    生地はポリ65%コットン35%で洗濯後もすぐ乾きシワが出来づらく、汚れづらいのでデイリーユースにうってつけ。

    Dickiesの874と比べても若干薄く通気性抜群で夏も快適です。かと言って薄すぎないので通年着用できます。

     

     

    ポリ混ですが履き込むと良い感じのアタリが…この辺はアウトポケットならではです。

     

    お値段もお手頃価格なので気負わず着用できますし、多少手荒く扱ってもOK。

    むしろ少しボロいくらいがカッコいい。

     

    10代の頃、初めて履いたRed KapのパンツがPT50で、ジャラーナに入ってからも何度か履き潰しました。

    個人的にはRed KapといえばPT50なんですよね。

    そんな訳で、PT50熱が再燃し、ここ最近またヘビロテ中です。

    6色展開(BLACK,KHAKIは当店別注)

     

     

     

    REDKAP PT50 商品一覧ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。