朝8時までのご注文で当日発送(元日除く)/ 3,980円以上ご購入で送料無料

実店舗「ただいま東京プラスクーポン」のご案内

SALE

LINE

ロスアパ再入荷

BLOG

  • -自分に合うアロハは-

     

    全国のインポートウェアフリークの皆様こんにちは。

    ジャラーナアメ横通り店副店長の熊沢です。

     

    ようやく!

    うっとうしい雨続きが終わりそうで、これから夏本番&夏休みがやってきますね。

     

    みなさんはどこかお出掛けしますか?

    最近は夕方にお仕事終わりの会社員の方達が夏物を探しに来ているのを見ると、「(夏休み用に着るのかなぁ^_^)」なんて心の中でにんまりしています(笑)

     

    夏に着る物と言ったら半袖物がメインになると思うのですが、その中でも特に季節感が出ているのがアロハシャツ。

    たくさん柄がある中で自分に合うアロハはどれだ?て思うことありますよね。

     

    ということで今回は個人的に気になった3枚を選んで着てみました。

     

    自分は肌が色白気味(というか色白?)なのと、明るいカラー&青系が好きなのでその辺をピックしました。

    まずはこちら

     

     

    1953年ハワイにて設立のアロハブランドRJCこと「ロバートJクランシー」

    ブランド名は設立者の名前でして、観光客に品質の良いアロハを楽しんでもらいたいという思いからか個人的に好きな柄が多いです。

    その中でもこの柄が一番自分に来ました。

     

     

    色味が最高👍

    そして柄の密度があまりない所が合わせやすくなっていますね。

    ブルーxピンクて相性良い組み合わせです😎

     

    続いては

     

     

    1977年、こちらもハワイにて設立のアロハシャツメーカー「パラダイスファウンド」

    こちらはOEM生産を請け負った際のボディを用いて展開しているサブレーベル「ワイメアカジュアル」の物。

     

    夏感満載のパイナップル柄にやられちゃいました。

     

     

    よく見るとボディの色がナチュラルなんですよね。こういう色味、使いやすいですよ〜

    雰囲気更に柔らかくなるので合わせやすいと思います。

    まだ全部紹介していないんですけどこれが個人的に一番好きです(じゃあ最後に持ってこい)

     

    最後はアロハと言えばこのブランドが真っ先に思い付く方が多いのではないでしょうか。

     

     

    「Reyn Spooner」

    インライン+沢山のコラボ商品があるのでもう全部を把握するのはかなり根気が要りますね。フルコンプしている方がいたらぜひ会ってみたいです。

     

    選んだのは世界的人気を誇るカリフォルニアのバンド「ビーチボーイズ」結成60年を記念し限定で発売された物です。

    まずこちらも色味が良いのと柄のデザインがスプーナー特有の淡い表情とマッチして最高のデザインになっていますね。

     

    自分よりかなり上の年齢の方が世代で懐かしさがあると思いますが、今の若い方には新鮮に映る完成された一枚と思います。

     

     

     

     

    アロハシャツと聞くと他のアイテムもそれらしく寄せてというイメージがありますが、今だったら普通に柄シャツ感覚で着ても問題ないので(実際それを見せたく、普通にRed Kapの黒パンで合わせました)。

    今回は3枚だけでしたが当店にはまだ沢山の種類がありますので、お近くにお越しの際はぜひお気に入りの一枚を探しに来てください!

     

    それと今回の着用画像を自分のインスタグラムにアップするのですが、どれが一番似合っているかをぜひコメント欄にて教えてください!

    お気に入りの3枚なのですがお客さん的にどれが良かったのかも知りたいので^_^

     

    下にアカウントを載せておくので「まあ、しょうがない」「ふん、まあ見てみるか」とか思っていただけたらよろしくお願いします!

     

    熊沢のinstagram

    https://www.instagram.com/p/CgojkM5vFDe/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

     

    実は今回初めてハンチング被りました(笑)

     

     

    RJC 商品一覧ページへ

     

     

    WAIMEA CASUALS 商品一覧ページへ

     

     

    REYN SPOONER 商品一覧ページへ

     

    アメ横通り店副店長
    熊沢 弘憲
    @_kumaheaded
    湘南生まれ湘南育ち。波には乗らず海外ドラマとヒップホップを掘る大甘党。200枚超えのTシャツを所持。

     

     

  • 2020.07.22

    夏はやっぱりアロハシャツ!厳選インポート6ブランド

     

     

     夏の代表的トップス「アロハシャツ」。定番ながら、クールビズやテレワーク需要も重なり、近年、年を追うごとに盛り上がりを見せています。当店では本場ハワイを中心としたインポート6ブランドを展開しており、今回はそれぞれの違いや特徴をご紹介していきたい思います。

     

     

    REYN SPOONER(レインスプーナー)

    reynspooner

     

     ワイキキのアラ・モアナ・センターで“太平洋のブルックス・ブラザーズ”と呼ばれる洋品店『Reyn’s』が、サーフトランクスの品質の高さに定評があったワイキキビーチの仕立て屋『Spooners』に、スウィムウエアやシャツを作らせていたことから発展、1961年に合併して『Reyn Spooner』が誕生しました。生地を裏使いする事でトーンを落とし、クラッシックなスタイルで仕立てたオリジナルのアロハシャツは、ハワイの伝統ウエアに留まらず、幅広い層に受け入れられ、世界的に愛されるブランドへと成長しました。

     

    reynspooner

     

    スプーナークロス

     レインスプーナーのアロハシャツで広く採用されている、コットン55%、ポリエステル45%の混紡平織り生地「スプーナークロス」。耐久性が高く、シワに強い為、洗濯機で丸洗いしてそのまま着られるという手軽さも大きな魅力。

     

    ReynSpoonerより引用

    spooner-cloth

     

     

    リバースプリント(裏使い)

     本来裏側となる面をあえて表に出すことで、色褪せが目立たず、合わせ易い柔らかな表情を見せる「リバースプリント」。スプーナークロスはこの裏使いが綺麗に出る様に作られています。

     

     

    ボタンダウンカラー

     スッと綺麗に立つ襟元。1960年代、アロハシャツに初めてプルオーバータイプのボタンダウンを採用したのがレインスプーナー。今なお、同ブランドの象徴的ディティールとして、広く認知されています。発色の柔らかな裏使いの生地とのマッチングにより、きっちりとした印象で着られる点が、ビジネスユースとしても人気を集める大きな要因です。

     

    コラボレート

     ブランドや企業、団体、作品等、様々な媒体とのコラボレートモデルもレインスプーナーの魅力。シーズン毎の限定で、その時しか手に入らない為、コレクターからの注目度も高い。見逃すと二度と手に入らないので、お気に入りを見つけたら即GETして下さい。

    MLB x REYN SPOONER

     メジャーリーグのオフィシャルライセンスシリーズ。古くから展開されていますが、扱い店が限られている為大変希少です。各チームに合わせてアレンジされたラハイナや植物モチーフに加え、球場やバナーなど、様々な場面の総柄生地を用いたシーニックシリーズも人気です。


    球団ごとのバナー、球場、選手などを描いた人気柄「シーニック」

     

    MLB x REYN SPOONER 購入ページへ

     

    PEANUTS x REYN SPOONER

     スヌーピーやチャーリーブラウンでお馴染みのアメリカ漫画ピーナッツ。連載開始から70周年を記念したコラボレートモデルはスプーナークロスの総柄アロハに加え、プリントTも人気です。


    ロングボードに乗るスヌーピーが「カワバンガ!」と叫ぶ有名なシーンがプリントされた人気柄。

     

    PEANUTS x REYN SPOONER 購入ページへ

     

    UNIVERSITY x REYN SPOONER

     アメリカの大学をフィーチャーしたユニバーシティコレクション。ロゴや校舎、そしてレイやハイビスカス、各大学とハワイの象徴的なグラフィックを、ラハイナセイラーの格子柄に落とし込んだテキスタイルはアメカジコーデにも最適♪

     

    UNIVERSITY x REYN SPOONER 購入ページへ

     

    REYN SPOONER 全商品一覧ページへ

     

    KAMEHAMEHA(カメハメハ)

    reyn-spooner

     

     ハワイ最古のアロハシャツメーカーと言われる「カメハメハ」。1936年、アメリカ本土で繊維製造業を行っていた創設者ハーブ・ブライナー氏が、アロハの原型となる花柄シャツにいち早く目を付け、ハワイで初めてハワイアンアパレル工場と卸売り業をスタートさせたのがその始まり。品質、テキスタイルに強くこだわったカメハメハのアロハシャツは、「アロハの神髄」と称され、コレクターの間でも特別な存在とされていましたが、近年は運営が安定せず、市場は枯渇状態。現在は生産をアジアに移してしまった為、ハワイ製の希少性が高まっています。

    フジエットレーヨン

     カメハメハと言えば発色が良く、柔らかな生地感のフジエットレーヨン。ヴィンテージアロハに使われる富士絹に似ている事がその名の由来。ボタンは天然のココナッツボタンで、裾に替えボタンが付属している点も丁寧です。

     

     

    ボーダーパターン

    カメハメハが得意とする、柄が縦に並んでレイアウトされる「ボーダーパターン」。一般的な総柄とは違い、柄の位置が決まっている為、カッティングの型を想定して柄を入れる「エンジニアードプリント」という高度な技法が使われています。

     

     

    80周年記念限定 アンスリウム

     ブランド設立80周年を記念し、カメハメハの代表柄であるアンスリウムをブラックベースで復刻させたモデル。首元に刺繍が施されており、200枚限定で生産された貴重な一枚。

     

     

    80周年記念の文字が首元に刺繍で施されています。

     

    80周年記念限定アンスリウム 購入ページへ

     

    KAMEHAMEHA 全商品 購入ページへ

     

    (さらに…)

  • 2020.05.14

    レインスプーナー タグ特集

    こちらのブログでは、インポートブランドに関する記事を不定期に更新していきます。
    今回はこちら、当店春夏の定番であり、お店では古着も多数展開しているあのブランドに関する記事です。

     
     
     

    1962年に誕生した、アロハシャツメーカーのレインスプーナー。「リバースプリント製法」を用いた、長年着込んだイメージに見えるプルオーバーのボタンダウンシャツを製作したことで、一気に有名になります。

     

    そんなレインスプーナーには、年代ごとに様々なタグが用いられています。また、有名アーティストとのコラボ、ブランドとのコラボタグも存在しています。今回は、レインスプーナーの年代別タグ、コラボタグについてまとめました。

     

     

    年代別

     

    70年代前半

     

    乳首タグ

     

    白地タグがブラックステッチで囲まれており、金の刺繍で施された丸枠内の女性に乳首が描かれているのが特徴です。通称金タグ、乳首タグと呼ばれています。

     

     

    70年代後半~80年代前半

     

    ヌードタグ

     

    70年代前半から、枠のステッチのカラーが変わっています。
    白地タグがホワイトステッチで縫われており、80年代に入ると、丸枠の女性から乳首がなくなります。

     

     

    80年代半ば~後半

     

     

    丸枠内の女性の刺繍が茶色に変わります。
    また、著作権を表す「®マーク」が追加されています。

     

     

    80年代後半~90年代前半

     

    ダイヤモンドヘッドタグ

     

    タグデザインが大きく変更され、鮮やかな山が描かれたタグに変わります。
    通称「ダイアモンドヘッドタグ」と呼ばれていて、描かれているのはハワイにあるダイヤモンドヘッドです。

     

     

    90年代

     

    ビキニタグ

     

    以前のタグデザインに戻り、丸枠の女性がビキニを着用。刺繍がカラフルに配色されます。通称ビキニタグ、水着タグなどと呼ばれています。

     

     

    コラボレート

     

    MLB

     

    MLB

     

    レインスプーナーとメジャーリーグ(MLB)がコラボした商品では、オリジナルタグが用いられています。一般的には、メジャーリーグのロゴを用いたものが殆どですが、中には、球団ロゴが書かれたタグも存在します。

     

     

    COLLEGE

     

    COLLEGE

     

    大学スポーツが盛んなアメリカ。
    様々な大学とコラボしたレインスプーナーも有名です。
    タグの四隅にスポーツをあしらったアイコンがあるのが特徴です。

     

     

    PHIL EDWARDS by Reyn Spooner

     

    EDWARDS

     

    PHIL EDWARDSがデザインしたアロハシャツについているタグです。
    ロングボートをベースにしたデザインが特徴です。

     
     
           
    PHIL EDWARDS(フィル エドワーズ)
    60年代に活躍した伝説のサーファーで、サーフ系ファッションを広めました。

     

     

    ALFRED SHAHEEN by Reyn Spooner

     

    SHAHEEN

     

    ALFRED SHAHEENがデザインしたレインスプーナーについているタグです。

     
     
           

    ALFRED SHAHEEN (アルフレッド=シャヒーン)
    アロハシャツを世界に広めたテキスタイル・デザイナー。

     

     

    Commemorative Classics

     

    Commemorative

     

    Commemorative Classicsシリーズは、人気の高かったアロハシャツを限定版として復刻したものです。

     
     
           

    AMERICAN CLASSICS

     

    CLASSICS

     

    AMERICAN CLASSICS(アメリカンクラシックス)1950年代のアメリカをテーマにしたレトロなデザインで、人気があります。

     
     
           

    JOEKEALUHA’S

     

    JOEKEALUHA

     

    Joe Kealuka(ジョー=ケアルカズ)がデザインしたアロハシャツについているタグです。

     
     
           

    Exclusive Apparel By reyn spooner

     

    Exclusive

     

    1990年代以降に製造されたタグにExclusive Apparelと書かれているものがあります。
    企業用に作られた希少価値の高い非売品のアロハシャツです。

     
     
           

    エルヴィス・プレスリー

     

    ELVIS

     

    エルビス・プレスリーとのコラボタグです。

     
     

    エルビス・プレスリー
    アメリカ出身の世界的に有名なミュージシャン。
        
           

    ディズニー

     

    DISNEY

     

    ディズニーとコラボしたアロハシャツについているタグ。
    ミッキーマウス、ディズニー ピクサーなどとコラボした商品が存在していて、人気と希少価値共に高い商品になります。

     
     

           

    M.field by reyn spooner

     

    field

     

    マイク・フィールドがデザインしたアロハシャツについているタグ。

     
     

    マイク・フィールド
    海をこよなく愛するアーティスト。

     
     
           

    GUY BUFFET by reyn spooner

     

    BUFFET

     

    ガイ・バフェットがデザインしたアロハシャツについているタグ。

     
     

        
    ガイ・バフェット
    フランス生まれの画家。
    船員として旅をしながら、個展を開き、のちにハワイに移住しました。

     
     
           

    DIETRICH VAREZ COLLECTIOIN by reyn spooner

     

    VAREZ

     

    DIETRICH VAREZがデザインしたアロハシャツについているタグ。

     
     

        

    DIETRICH VAREZ(ディードリッヒ=ヴァレス)
    ハワイ島在住のアーティスト。ハワイをダイナミックに表現するのが得意です。

     
     
     
     

    タグやディディール、そして歴史を知れば、さらにレインスプーナーへの愛着が湧きます。
    ここには掲載できなかった、コラボ商品が他にも存在しています。
    日本にはかなり多くのレインスプーナーの古着が流通していて、その数はハワイ以上とも言われています。古着屋でまだ見ぬコラボタグを探してみるのも、楽しいかもしれません。

     

     

    REY SPOONERのJalana取り扱いモデルはこちら