13時までのご注文は当日発送(元日除く)/ 3,980円以上ご購入で送料無料

SALE

PRISON BLUES

BLOG

  • 2024.04.01

    カバーオールの季節

     

    春めいた日も増え羽織物をお探しの方も多いかと思われますが、季節の変わり目は天候も変わりやすく服選びが難しい時期でもありますね、そんな春先の羽織物探しにお困りの方にお勧めしたいのが一枚生地のカバーオールです。
    インナーを工夫すれば気温の変化にも対応しやすく、コットン地は通気性があり蒸れづらく腰まで覆う着丈は春の強くて冷たい風を防いでくれます。

     

    元来ワークウェアですので耐久性が高く、カバーオールの特徴的なポイントであるフロントについた大きなポケットは何かと便利でアウトドアやガーデニングなど春のアクティビティにも活躍してくれる事でしょう。
    当店では様々なブランドのカバーオールを取扱っておりますが、今回は春先に扱いやすい一枚生地で尚且つアメリカ製のものにスポットを当てご紹介したいと思います。

     

    Stan Ray Shop Jacket
    1972年創業、アメリカの老舗アパレルメーカー「アールズアパレル」を母体とするワークブランド「スタンレイ」
    パリッとした質感のデニム生地を採用、軽めのオンスでごわつきが少なく
    袖先にカフスのつかない仕様なので袖をまくりやすくシャツ感覚でさらっと羽織れてインナー使いにも適した着回しの利くジャケットです。
    使い勝手の良い大きな台形型のポケットやカンヌキ補強、ダブルステッチのポケットに肩から脇回りのトリプルステッチステッチなどワークウェアらしい耐久性や機能性を追求したディティールも満載、
    身頃は広すぎず程よくゆとりがありアームホールはスッキリしていてワークウェアにありがちな野暮ったさが少ないシルエットになっています。
    またアメリカ製でありながらリーズナブルな価格設定も魅力、気負うことなくガシガシ着込んで経年変化を楽しんでいただけます。

     

    Indigo

     

    Hickory Stripe

     

     

    柄入りのボタンや背タグ裏に付いた生成りのハンガーループなど細部に気の利いたアクセントが散りばめられています。

     

     

    L.C King LOT45LC Chore Coat
    1913年設立、一世紀以上の歴史を誇るテネシー州の老舗ワークウエアファクトリー「L.Cキング マニュファクチュア」
    同社のレーベルで猟犬をモチーフにしたロゴでお馴染みの「ポインターブランド」はアメカジフリークに絶大な人気を誇りましたが
    現在は社名の「L.C キング」にラベルを変え引き続きアメリカ製で武骨なワークウェアを生産し続けています。
    こちらは「ポインターブランド」時代から展開する定番アイテム「チョアコート」、ダブルステッチに補強されたラウンドボトムのフロントポケットが
    クラシックワークウェアの雰囲気を漂わせつつ、ブランド生地を使用し細部までこだわったディティールと堅牢な作りが他ブランドとは一線を画す洗練されたカバーオールへと昇華させています。
    細身のシルエットでアメカジスタイルのみならずトラッドなどキレイ目なコーデとも親和性が高いジャケットかと思います。

     

    INDIGO

     

    INDIGOには1847年創業、米国屈指の老舗テキスタイルメーカー、マウントバーノンミルズ社が2017年に閉鎖したコーンデニム社のホワイトオーク工場にて生産した11.5オンスデニムを採用し、BROWNにも同社の上質な12オンスブラウンダック生地が使用されています。
    どちらもずっしりとした重みがありしっとりとした質感で確かな品質を感じられる生地感となっています。

     

    BROWN

     

    ダブルステッチ+バータックによるタフな取り付け、右胸のみ便利なフラップが付きます。ボディ部分はサイドシームのない二枚仕立てで背中と肩口の合わせはダブルニードルでがっちり縫製。

    襟元は台襟仕様で、前合わせは刻印入りドーナッツボタンを採用。負荷のかかる開きの付け根部分はリベット補強され、左見頃にはこの手のジャケットには珍しい生地が切り替えられた内ポケットが付きます。

     

     

     

    Prison Blues Yard Coat
    オレゴン州刑務所内の受刑者によって生産される異色のワークブランド「プリズンブルース」
    タフで質実剛健なワークウェアをアメリカ国内生産としては驚くほどリーズナブルな価格で提供しているブランドです。
    こちらは囚人達のハンドメイドで作られたデニムカバーオール。14.75オンスのヘビーデニムを使ったタフな一着で、
    US展開のヤードコートはデニムと共色のステッチが使用されていますが当店ではパンツ類と同色のレッドフォックスステッチで
    オーダーしておりセットアップで着用した際より統一感が出るような仕様になっております。
    サイズ感はかなり大きめで一般的なUSサイズの2~3サイズは大きくなっているのでサイズ選びには注意が必要ですが、
    当店ではUSでは展開のないXSもオーダーしているのでより多くの方が手に取っていただけるようになっております。

     

    INDIGO(Red Fox Stitch)

     

    ポケットはスタンレイと同じくスライドしやすい台形型になっておりオリジナルの刻印入りのリベット補強がワーク色を強め他ブランド2型に比べ若干ハードな印象です。

     

     

    どのブランドのカバーオールもそれぞれ違った魅力がありますが、共通して頑丈で耐久性が高いという点があります、
    またリジッド(未洗い、未加工)の生地なので一から自分だけの色落ち、経年変化を長い時間をかけて楽しむことが出来ます。
    春に最適なトップスであるカバーオールを気分も新たにまっさらな状態から着込んでみてはいかかでしょうか。

     

     

     

    STAN RAY ショップジャケット 商品ページへ

     

     

    L.C.KING カバーオール 商品ページへ

     

     

    PRISON BLUES ヤードコート 商品ページへ

     

     

  • SEIBU POP UP終了!!

     

    全国のファッション好きの皆様こんにちは。

     

    お久しぶりですアメ横通り店副店長の熊沢です。

     

    先日私は西武池袋店にて1/18-1/31まで行われた「Jalana POP UP✈︎」に出向いておりました…

     

     

     

     

    そして無事に終了となりました!

    お越しいただいた皆様、この場を借りて感謝申し上げます。有り難う御座いました!!

     

    往年のジャラーナの常連様方、初めての方や当店を知っていてなかなか上野側にお越しになれない方など沢山の方にお越しいただきました。

     

    西武百貨店という普段僕らからしたらなかなか新鮮な場所にこうしてお店を出すことによって、多くの人の目に留まり、また知ってもらって今度上野に行ってみようと思ってくださったり。

    こちらも新しい方達と触れ合うことができてとても良い刺激になりましたし、良い経験になりました。

     

    やってみて思ったことは年齢性別問わずジャラーナの名前を知っている方が多かったこと(!!)

    店舗はもちろん、NETも利用しているよという方もいたり、「このロゴ知ってる!!」って言う若い方もいたり。

    SEIBU従業員さんの中にも知っている方がいて嬉しかったですね。

     

    館内アナウンスや地下サイネージでの掲示はテンション上がりました。

     

     

    西武百貨店様、そして今回POP UPの為に尽力して下さった担当の方、本当にありがとうございました!!

     

    期間中もやはり売れ筋というのがありまして、プリズンブルース, マックTee, 新東洋Teeは言わずもがな。ここに来て急激に動き出したのが

     

     

    Mel’s DRIVE-IN Paper Bag Tee

     

    メルズドライブインのペーパーバッグTee。

    フロントのこの抜けたイラストが受けたみたいです。自分もその後買いました(笑)

     

    冬なのにTシャツが毎日のように売れまして😅、PARCOと直結しているためとにかく若年層の往来が多く、その方達の受けが良いのと物珍しさ+プライスも相まっての流れなのかと。

    何売れても嬉しかったですけどね。お土産に最適なんですよねこの辺て。

    実際女性の方が異性へという需要も多くありました。

     

    これを機に知って頂いた方達にはぜひ、店舗へもお越し頂きたいです。

    面白いのもっと沢山ありますからね。

    ご来店お待ちしています。

     

    そして、休憩中はとにかく外にいました(笑)

     

     

     

    屋上に行ったり、古着屋に行ったり、

    エリアが上野の倍以上あるのでとにかく歩き回って1日3万歩行った日もありました…

    誰か時間潰しのコツ教えてください(笑)

     

    今回せっかくですから池袋でメシ屋開拓もしっかりと敢行してまいりましたよ(笑)

    それはまた別記事にて番外編として書こうかと思います。

    それではこの辺で!

     

     

    期間中仕事終わりにSEIBU裏のビリヤード場に行ってきました。

    まだまだC級の腕は廃れていません(笑)

     

     

    Mel’s Drive-In Jalana別注ペイパーバッグTee 商品ページへ

     

     

    アメ横通り店副店長
    熊沢 弘憲
    @_kumaheaded
    湘南生まれ湘南育ち。波には乗らず海外ドラマとヒップホップを掘る大甘党。200枚超えのTシャツを所持。

     

     

  • Red Fox Stich

     

    こんにちはジャラーナ実店舗スタッフ相野です。

    先日、当店別注で取扱いしているPrison Blues Yard Coat Red Fox Stichが再入荷致しました。

     

     

    春先に丁度良いデニムのカバーオールを探していた矢先の入荷でしたのですぐに購入しガンガン着込んでいます。

     

     

    定番のYard Coatはデニムと共色のステッチが標準仕様となりプレーンな印象です。
    それはそれでとてもカッコいいのですが、パンツとセットアップで着用した際やや統一感に欠けます。
    ステッチをパンツ類と同じRed Fox Stichに変更した事でよりセットアップで着用しやすいルックスになっています。

     

    タフな14ozのリジッドデニムは初めはとても硬く洗いをかけると更にゴワつきが増しますが、着用と洗濯を重ねる事でハリがある生地感はそのまましなやかに変化していきます。
    気になる洗濯後の縮みですが、私物を5回ほど洗濯自然乾燥した数値が以下の通りになります。

     

    身幅58cm → 57cm
    肩幅54cm → 53cm
    着丈80cm → 78cm
    袖丈67cm → 64cm

     

    横幅には大きな変化がないようですが縦縮みが比較的大きく縮みが出ています。
    乾燥機を使用すると縮み過ぎてしまう場合もありますので使用される際はご注意ください。

     

     

    177cm62kg Sサイズ着用

    セットアップでの着用がおすすめですがベーシックなカバーオールですので様々なパンツと相性が良く一枚あると重宝します。
    リジッドで着込んでアタリを楽しむの良し、ワークウェアらしくガンガン洗ってクタクタにするのもよし経年変化が楽しみな1着です。

     

     

     

    Prison Blues Work Jeans W32着用(レングス76cmにカット)

    ブランドの成り立ちやオレゴン州刑務所の囚人達によるハンドメイドという部分で個性派揃いのアメリカンワークブランドの中でも異彩を放っているプリズンブルースですが、
    タフで質実剛健なワークウェアをアメリカ国内生産としては驚くほどリーズナブルな価格で提供している稀有なブランドです。

     

    近年飛躍的に知名度も上がり、今では当店の看板ブランドの一つとなっております。
    リピーターの方も多く非常に満足度の高い製品が揃っているプリズンブルース、
    まだお持ちでない方はこの機会に是非1着お試しくださいませ。

     

     

     

    PRISON BLUES YARD COAT 別注REDFOX STITCH 商品ページへ

     

     

    PRISON BLUES WORK JEANS RIGID BLUE 商品ページへ

     

     

    PRISON BLUES 商品一覧ページへ

     

     

    御徒町駅前通り店 スタッフ
    相野 修平
    @tvset__
    70~90年代のアメリカ映画や音楽に強く影響を受け、10代の頃からアメリカンカジュアルに傾倒、常日頃からアメリカンインポートウェアの動向を監視し続けるアラサー男子。

     

     

  • クレセントダウンワークス

     

    ジャラーナアメ横通り店スタッフの嶋崎です!
    いよいよ年末も近くなってきて、アメ横は早くも賑わい始めてきました!

     

    最近は急に冷え込んできて、本格的に冬が来たなと感じてます笑
    去年よりも寒い気がして中途半端なアウターじゃ耐えられそうにないです😰

     

    ということで、僕が個人的にオススメしてる当店のヘビーアウターをご紹介させていただきたいと思います。

     

    アメリカのシアトルにて創業したダウン専門ブランド。
    「クレセントダウンワークス」です❗️
    今もなおアメリカ製を貫き手作業で縫製され、中綿は高品質なグースダウン100%で作られています。
    カナダの「カナダグースCA」、フランスの「モンクレールFR」ときたらアメリカは「クレセントダウンワークスUS」って感じです。

     

     

    オススメポイントは何より着心地の良さと抜群の保温性。
    先程述べたように高品質なグースダウンをたっぷり使用して作られているので着た瞬間、フワッとした着心地と暖かさに包まれます。
    初めてこのブランドを知った時はなんでこんなに高いんだろうと疑問に思ってましたが着ると納得。
    安物のダウンとは比べ物にならないくらいあったかいです💭

     

     

    そして表面の生地なんですが、シェラデザインでおなじみの「60/40クロス」を使っています。
    ご存知の方も多いと思いますが、これはコットン60%ナイロン40%で作られている生地で、コットンだけより通気性がよく、ナイロンだけより摩耗に強い。
    そして撥水性も兼ね備えてるという両者の良いとこ取りのような生地なんです!
    生地の耐久性も高く、経年変化も楽しめます✌️

     

     

    もう一つ、とても地味なポイントなんですがこの首のベリベリ(ベルクロ)部分。
    実は当店別注で左右の配置を逆にしてるんです。

    文章で説明するのは難しいんですが、元々通常のものは首元を開いた状態で着た時に、ベルクロのザラザラした部分が直接生地に触れて傷みやすいんです。
    なので当店取り扱いの商品は全て逆にしてもらっています。
    これはジャラーナが長年このブランドから直輸入を続けているからこそできることです😤
    小さな変更ですが、これだけで生地の寿命がかなり変わってくるので、よりながく愛用していただくことができます!

     

    とりあえずこれ1着持っておけば冬の寒さに凍えることはないかと思いますので、是非今年からの相棒にオススメします☃️
    他にもまだお伝えしきれてない魅力も沢山あるので、気になる方は是非店頭に遊びにいらして下さい!
    スタッフ一同お待ちしております🙇‍♂️🙇‍♂️

     

     

    CRESCENT DOWN WORKS 商品一覧ページへ

     

     

     

    アメ横通り店スタッフ
    嶋崎海斐
    @jalanashimazaki
    東京生まれ上野育ち。大の酒好きで毎日の晩酌が生き甲斐で、アメ横全ての居酒屋を制覇するのが目標。